実質負担0円で出来るリフォーム・外壁塗装

実質負担0円で出来るリフォーム ・外壁塗装

あたらしいリフォームのしくみ

自己資金0円

設備代金0円

工事代金0円

住宅ローン専門のプランナーが金利引き下げのサポートを行い、借り換えを行いつつ削減した金利分の額を利用してリフォームを行う、新しいリフォームの形です。
「借り換えによる余剰分」をリフォームへ充てるという仕組み上、お客様が追加でご負担を負うことはございません。
また、厳しい審査をクリアし、研修を完了した工務店が工事を行いますため、品質についても高い水準を得ることができます。
借り換えとリフォームによる支払額の変化の例
住宅ローンは銀行により、審査基準や条件が異なります。
借り換えやすい銀行だからといっても金利が安い銀行も存在します。
その他、銀行により手数料や諸費用が発生してしまうこともあり、借り換えを個人で行うには敷居が高いのが現状です。
0円リフォームプランでは、専門スタッフが借り換えをサポートいたしますため、安心してご相談下さい!
プランの対象となる方
リフォームの対応ヶ所は多種多様

専門アドバイザーによる3つのフォロー

1.金融機関との金利削減を完全サポート
融資交渉業務10年以上のキャリアを持つ専門スタッフがお客様の希望する条件に最も適した金融機関を2社以上選択いたします。
そのうえで、銀行間で競合させることで最良の条件を引き出します。
2.住宅ローンシミュレーション
将来、収入や金利変動するリスクをふまえ、様々な金利タイプでシミュレーションいたします。
そのため、自分のライフプランにあった最適な金利タイプをお選びする事ができます。
3.面倒なローン手続きを完全サポート
面倒な書類回収の手続きや、複雑でわかりにくい借入申込書類の記入方法をサポートします。
金利タイプの違いや金利変動のメカニズムなど、専門的なローン内容などにつきましてもわかりやすくご説明いたします。
専門アドバイザーによる3つのフォロー

提携ローンもございます。

銀行/一般イオンプロダクトファイナンスと提携しております。
お気軽にお問合せ下さい。

借り換え無料相談システム

借り換え無料相談システム
借り換え無料相談システム
スマートリノベーション公式サイトはこちら

よくある質問と回答

マスコットキャラクター
Q借り換えだけは出来ないの?
マスコットキャラクター
A原則としてリフォームとパッケージサービスになりますので借り換えだけのお客様はお断りしております。
マスコットキャラクター
Q金利が上がったらどうするの?
マスコットキャラクター
A現在の社会情勢を考えると急激な金利上昇は考えにくいですが金利が上がったタイミングで固定金利に変えることも出来ます。
マスコットキャラクター
Qリフォームローンも組んでるけど大丈夫?
マスコットキャラクター
A銀行の審査基準を満たせば問題ありません。
場合によっては既存のリフォームローンを住宅ローンに組み替えることも出来ます。
マスコットキャラクター
Qなぜ自己負担0円でリフォームが出来るの?
マスコットキャラクター
A既存の住宅ローンの金利をより低い金利に変えることで、払わなくてもよくなった金利負担分を工事代金に当てることにより、実質負担なくリフォーム工事が可能となります。
マスコットキャラクター
Qリフォームはどこまで可能なの?
マスコットキャラクター
A現在お住まいの建物及びそれに付帯する工事に限定されます。
マスコットキャラクター
Qどこの銀行になるの?
マスコットキャラクター
Aお客様の状況により変わります。銀行の審査基準は銀行により異なります。
マスコットキャラクター
Q諸経費も入れられるの?
マスコットキャラクター
A含めることは出来ます。含めることにより持ち出しの掛からないサービスを提供しております。
相談するだけで費用が発生するのですか?
相談での費用の発生はございません。あくまでも借り換えを行い実行した際の成果報酬のみになります。
マスコットキャラクター
Q家具も対象になるの?
マスコットキャラクター
A原則として「家」にかかわる工事が対象となります。
但し、壁面収納の造作工事、家に付帯する工事は対象です。
マスコットキャラクター
Q借り換えで損することはないの?
マスコットキャラクター
A原則ございません。諸経費含め負担が重くなるようであれば借り換えは行いません。
マスコットキャラクター
Q借り換えから工事終了までの期間は?
マスコットキャラクター
A面談の設定日時や工事の規模にもよりますが目安として1~2ヶ月かかります。
削減枠以上にリフォームはできるの?
住宅ローンの金額が多少増えても問題なければ一定の条件の下で可能です。
マスコットキャラクター
Q削減枠以上にリフォームはできるの?
マスコットキャラクター
A住宅ローンの金額が多少増えても問題なければ一定の条件の下で可能です。
お見積りはこちら
pagetop